光コラボレーションという光回線はお得

光回線を使った高速インターネットサービスで最大のシェアを保っているのが、NTTのフレッツ光です。
現在、高速インターネットサービスの3分の2を占めています。
世界中が情報化社会となりつつあり、高速インターネットサービスの利用を前提としている分野も増えてきていますから、わが国の津々浦々に高速インターネットサービスが普及していくことが望まれています。
インフラ整備が進むだけでは、普及は進みません。
費用対効果が高いと消費者が納得することが必要です。
フレッツ光しか使えない地域が多い状態が続くと、そうなるのが難しいため、新しい仕組みが生まれました。

それが光コラボレーションです。
光回線を敷設して自前で持つ会社はNTT以外にもいくつもありますが、全国に光回線を引いているのはNTTとなっています。
NTTの光回線しか通っていない地域というのが多く、それゆえNTTのフレッツ光は高いシェアを保っています。
光コラボレーションは、NTTの敷設した光回線を他の通信会社も借り受けて自社プランを設定し、顧客に高速インターネットサービスとして販売できるようにしたものです。
光コラボレーションには、ソフトバンク光やドコモ光などがあります。

光回線の提供元はNTTですから、NTTのフレッツ光と光コラボレーションでは、同じ光回線を使います。
そのため通信速度や通信の安定性は、基本的に同じです。
光回線の提供元のNTTは、フレッツ光の利用者が光コラボレーションに変更する際に、便宜を図っています。
通常は、フレッツ光は決められた期間にしか解約できないにも関わらず、光コラボレーションに変更するための解約であれば、違約金は無料となります。
NTT以外にも光回線を敷設している業者はいくつもあり、そちらに移られるよりはいいということでしょう。

光コラボレーションは2015年に始まったばかりのサービスであるため、各社がキャンペーンをおこなって顧客獲得を図っています。
高額なキャッシュバックのあるキャンペーンも少なくありません。
これは、参入する会社が多く、競争が生まれたためです。
NTTのフレッツ光しか選択肢のなかった地域が多かった時代は、競争がありませんから、キャンペーンもそれほど盛んにはおこなわれておらず、価格も高止まりでした。
光コラボレーションが誕生し、数多くの会社が参入したことで顧客獲得競争が起こり、今後は価格が低下していくことが期待されています。

通信の自由化で電話回線を他の会社も使えるようになり、長距離電話料金が大幅に下がったように、光コラボレーションによって高速インターネットサービス料金も下がっていくことが望まれます。

関連ページ