モバイルWi-Fiルーターなら自宅以外でもネットが使える

インターネットの接続方法としては、主に自宅や学校、一般的なオフィスなどに使用される固定回線と、スマホのテザリング等の機能、モバイルWi-Fiルーターでの接続方法があります。
固定回線はいつも必ず特定の場所からパソコン本体を動かさず直接ケーブルにつないでインターネットに接続、もしくは無線ランルーターを使用して建物の内部でパソコン本体とルーターの間に回線ケーブルを使わずにインターネットに接続する方法で、情報量の大きなやり取りには適していますがパソコン本体を動かせる範囲に制限があるのが特徴です。

これに対してスマホのテザリング機能やモバイルWi-Fiルーターは自宅などの建物内部に限らず、通信可能エリアであればどこででもインターネットに接続できるのが特徴です。
欠点としては大きな情報データのやり取りや電車などで移動中に使用するとデータのダウンロードに時間がかかるところですが、電車などの公的な不特定多数の人が存在する場ではそもそも個人情報の固まりであるパソコンの使用は控えるべきですし、迷惑にもなりかねないので使わない方が良いです。

ただし、スマホのテザリング機能やモバイルWi-Fiルーターの最大のメリットである屋外の使用が可能という事は欠点をものともしないほどのメリットです。
アパートなどで回線工事がむやみにできない、仕事の都合で外出先でもインターネットを利用してメールのやり取りや添付ファイルを見て判断が必要だったり、仕事の都合上ホテルに数日泊まる必要がある時などには非常に効果を発揮してくれます。
個人や家族や友人との旅行の際にも旅行先のホテルでパソコンなどでインターネットを使いたい時に便利ですし、外出先の飲食店で待ち合わせの時間までの暇つぶしにも役に立ってくれます。
飲食店に関しては無料のWi-Fiスポットに対応してる飲食店もあれば対応してない飲食店もありますので、予備のために持ち歩くのがお勧めです。

また、外出先での使用に便利という特徴からタブレット端末との相性が良く、どちらも持ち運びやすい事から仕事の合間や中途半端に時間が空いてしまった時に使いやすく、短期間の出張などの一定期間のみの外泊の際にも使い勝手がいいですし、カーナビのついてない車で遠出して道に迷ってしまった時でもモバイルWi-Fiルーターとタブレット端末を持っていれば地図検索サイトに接続して現在地と目的地の把握、ルートの把握もできるため助けられる事もあります。

関連ページ